最近のRed Hatは、RHEL9がリリースされてからさらにハイブリッド戦略が具体化してきています。

By | 2022年7月25日

今回のTopicでは、NVIDIA AIとRed Hat OpenShiftの話題です。

Linkedinの記事を抜粋しますと、以下になっています(自動翻訳利用)。

「Red Hat OpenShiftは、NVIDIA AIでパブリッククラウド向けに認定およびサポートされるようになり、#Kubernetes環境で標準化されたAIワークフローをハイブリッドクラウド全体で拡張できるようになりました。」

https://nvda.ws/3vksdY3

2022年7月25日
本日、NVIDIA は、NVIDIA AI Enterprise 2.1の一般提供を発表しました。
エンド ツー エンドのAIおよびデータ分析ソフトウェア スイートのこの最新バージョンは、企業がベアメタル、仮想、コンテナー、およびクラウド環境全体にAIアプリケーションを展開およびスケーリングできるように最適化、認定、およびサポートされています。
AI Enterprise 2.1には、ハイブリッドまたはマルチクラウド環境全体でエンタープライズAIへのアクセスがさらに容易になり、パブリッククラウドで実行されるRed Hat OpenShiftと新しいMicrosoft Azure NVads A10 v5シリーズのサポートが追加されています。

パブリック クラウドでのRed Hat OpenShiftのサポート により、DevOps機能が統合された業界をリードするエンタープライズ KubernetesプラットフォームであるRed Hat OpenShiftは、ベアメタルおよびVMware vSphereベースの展開に加えて、NVIDIA AI Enterpriseを使用したパブリッククラウドで認定およびサポートされるようになりました。
これにより、Kubernetes環境で標準化されたAIワークフローをハイブリッドクラウド環境全体にスケーリングできます。