Tag Archives: Red Hat Enterprise Linux

豆知識:新登場RHEL9

サイオステクノロジーの長谷川です。 今回は、細かな技術的な内容ではなく、一分セールストークのような概要のみを説明します。 RHEL9のリリース ç±³Red Hatは5月10日(米国時間)、商用Linuxディストリビューショ… Read More »

Red Hat Enterprise Linux 9 のリリースとライフサイクル

2022å¹´5月10日〜11日に開催されたRed Hat Summit 2022にてRed Hat Enterprise Linux 9 (RHEL9)のリリースが発表されました。 一番の目玉と言える発表はこの「RHEL9… Read More »

Red Hat ラーニングサブスクリプションのすすめ

Red Hat ラーニングサブスクリプションは、オンラインでRed Hatの様々なソリューションを学習出来るサービスを提供しています。 現在のように新型ウイルスの影響で集合型研修自体を受講することがNGになる場合も増えて… Read More »

Red Hat 認定カタログの調べ方

今回はリニューアルされたRed Hat認定カタログの利用方法をご紹介します。 ご利用を検討しているハードウェア、ソフトウェア、クラウドサービスプロバイダがRed Hatにて認定を受けているかを調べたいときは下記の認定カタ… Read More »

ホネまでしゃぶろう、Red Hatサポート

Red Hatのサポート窓口では幅広いサービスを提供しています。今回はサポート窓口で提供しているサービスのうち、あまり知られていなさそうなものをピックアップして紹介します。 レッドハットの森若です。 今回はRed Hat… Read More »

パフォーマンスチューニングを自動化するtuned

Red Hat Enterprise Linuxの6.0から、パフォーマンスチューニングに必要な設定をまとめておこなう tuned が同梱されています。今回はこのtunedをご紹介します。 レッドハットの森若です。 Re… Read More »

継続的な学習を実現する Red Hat Learning Subscription

エンジニアの技術力の向上には継続的な学習が必要です。Red Hat公式トレーニングの全コースをいつでも学習できるRed Hat Learning Subscriptionをご紹介します。 レッドハットの森若です。 次々と… Read More »

Red Hat Enterprise Linux 7.4 public betaがでました

Red Hat Enterprise Linux 7.4のPublic betaが出荷されました。Public betaを試すときに気になるポイントをまとめました。 レッドハットの森若です。 2017å¹´5月24日にRed… Read More »

RHELで新しいgitやPython3を使うには?

現在のRed Hat Enterprise Linux 7ではgitのバージョンは1.8.3です。「もっと新しいバージョンのgitが使いたい!」という方も多いかと思います。このような場合に利用できる Red Hat So… Read More »

Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動作させる時の注意点

Red Hat Enterprise Linuxを仮想化環境で動かすことが多くなっています。認定済みの環境一覧や認定外の環境での注意点、サブスクリプション管理用のvirt-whoデーモンについてご紹介します。 &nbsp… Read More »

VMware環境上でのRed Hat Enterprise Linux 7.2以前から7.3へアップデート時の注意点と、その解説

2016å¹´11月3日にリリースされたRHEL 7.3ではアップデートに関連した比較的大きな問題がありました。本記事では問題の概要と背景をご紹介します。 レッドハットの森若です。2016å¹´11月3日にリリースされたRHEL… Read More »

Red Hat Satellite 6でerrataを適用してみる

Red Hat Satelliteの利用デモです。 レッドハットの森若です。今回はいつもと趣向を変えて、Red Hat Satelliteを使う手順を見てみましょう。 Red Hat Satelliteでは管理対象ホスト… Read More »

RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了

2017å¹´3月31日にRHEL4の延長サポートとRHEL5の通常サポートが終了します。 そのまま利用しつづけると大きなリスクをかかえることになるので対策をおこないましょう。 レッドハットの森若です。2017å¹´3月31日に… Read More »

ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう

Red Hat Enterprise Linuxはメジャーリリースについては通常7年または10年間、アップデートリリースに対しては最新版のみに対して修正を出荷しています。今回はこのポリシーを拡張する製品、ELSおよびEU… Read More »

Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持

Red Hat Enterprise Linuxでは、アプリケーションソフトウェアの互換性について明確なポリシーを定義し、それに従ってアップデートを提供することでお客様がアップデートを適用しやすくなるよう取り組んでいます… Read More »