Tag Archives: Red Hat Enterprise Linux

RHEL4の延長サポートおよびRHEL5の通常サポート終了

2017å¹´3月31日にRHEL4の延長サポートとRHEL5の通常サポートが終了します。 そのまま利用しつづけると大きなリスクをかかえることになるので対策をおこないましょう。 レッドハットの森若です。2017å¹´3月31日に… Read More »

ELS? EUS? RHELの延長サポート製品について知ろう

Red Hat Enterprise Linuxはメジャーリリースについては通常7年または10年間、アップデートリリースに対しては最新版のみに対して修正を出荷しています。今回はこのポリシーを拡張する製品、ELSおよびEU… Read More »

Red Hat Enterprise Linuxの互換性維持

Red Hat Enterprise Linuxでは、アプリケーションソフトウェアの互換性について明確なポリシーを定義し、それに従ってアップデートを提供することでお客様がアップデートを適用しやすくなるよう取り組んでいます… Read More »

Red Hat Network ClassicからRed Hat Subscription Managementへ移行のおねがい

Red Hat Network Classicのサービス提供が2017å¹´7月31日に終了します。この日より後には、RHN Classicはアップデート配信ができなくなります。もしRHN Classicを利用してシステムを… Read More »

Red Hat Satellite使いはじめガイド

Red Hat SatelliteはRed Hatの提供するRHEL運用管理ソフトウェアです。非常に多くの機能があり、ソフトウェアとしても規模が大きなものになっています。今回の記事ではRed Hat Satelliteを… Read More »

RHELセキュリティ情報の入手と対応

レッドハットではソフトウェアの修正をerrataというデータベースで公開しています。errataで公開されている修正を適用して既知の問題を避けることはRHELを利用したシステム管理の基本です。この記事ではRHELのセキュ… Read More »

ABRTで障害時の情報収集とレポートを自動化しよう

Red Hat Enteprise Linux 6から、ABRT(Automatic Bug Reporting Tool)が同梱されています。RHELを運用していて、ABRTからのレポートメール「[abrt] full… Read More »

Red Hat Enterprise Linux 7、使ってますか?

Red Hat Enterprise Linux 6のライフサイクルがあと5年を切りました。これから5年間の稼働が必要なシステムはRHEL7を利用する必要がでてきます。RHEL7をご利用になるお客様も増えてきました。本稿… Read More »

Red Hat Developer Programに参加して開発者用サブスクリプションを入手しよう

今回は開発者むけプログラムの拡充により、無償で開発目的のサブスクリプションが入手できるようになったのでご紹介します。 レッドハットの森若です。Red Hat Enterprise Linuxに興味があるけどなかなか手が出… Read More »

Relax and Recoverでのシステム回復

RHEL 7.2から同梱されるようになったRelax and Recoverにより、システム回復時のパーティションや、LVM構成、ファイルシステム構成の回復が簡単になります。 レッドハットの森若です。RHEL 7.2から… Read More »

Red Hat Insightsとは

既存のRed Hat Enterprise Linux環境について、「特に問題がでていないので」塩漬けにしてしまっているケースが多くあるかと思います。このような環境でも既知の脆弱性や問題が含まれていることがあります。 R… Read More »

RHEL7でpingをreniceしようとすると失敗する話

Red Hat Enterprise Linux 7では、linuxのcapabilityを利用してsetuidの利用を少なくしています。capabilityについてあまり馴染みがない方も多いかと思います。トラブルシュー… Read More »

Performance Co-Pilotでパフォーマンス測定を簡単にしよう

Red Hat Enterprise Linux 7(そして6.7)にはパフォーマンス監視や記録のために、従来のsysstatなどに加えてPerformance Co-Pilot(PCP)が含まれました。PCPは特に複数… Read More »

Red Hat Enterprise Linuxでの独自コンテナイメージの作成

Docker上で動作するコンテナイメージは『docker-buildコマンド』と、『Dockerfile』を作成することで、カスタマイズして作成することができます。 今回は、この2つを使って簡単なコンテナイメージを作成し… Read More »